www.21belowfilm.net

今日は為替相場についての基本的理由とは何かについてのお話です。為替を簡潔に説明すると「自分でキャッシュの送付をしなくても金銭の受け渡しの行為を遂げるやり取り」です。よく為替取引といえばたいてい外国の為替について言う事が多いのです。国際為替とは二国間の通貨の取引を行う事です。外国旅行(台湾、マレーシア、)を以前にしていれば外国為替の取引をしたことがあるでしょう。銀行の窓口にて違う国のマネーに換金をすれば、それは国際の為替です。為替のレートというのは、買いたいと思う人と売り手の価格を指したものです。銀行のやり取りの末に確定するものです。その銀行というのはマーケットメイカーと俗にいう指定の複数の銀行です。為替の相場は様々な見えない力を受けつつもなお休む暇なくみるみる変わって行きます。為替相場を動かして行く動因というのはファンダメンタルズというものが言われます。ファンダメンタルズというのは経済のゆくえ、経済の基礎や様々な条件のことを表すものです。それぞれの国のGDP成長率や景気の状態、金融政策、貿易収支、要人発言などの原因が関係して相場は変動します。その中でも経常収支や失業者の割合は大事と考えられます。国際収支統計は、日本のいい方ですと財務省の言いつけで日銀が日本外国貿易統計をベースとして作った他の国との任意の時期の経済上のやり取りを記したものです。外国取引の収支は中央官庁や日銀のHP等で確認できます。就業者の統計・失業者の数も重大となる一因と言われます。ことに米国労働者の統計は影響を与えます。月ごとに発表され、リサーチするターゲットが広いのが大事なところです。為替の変動は経済の動きであると言えます。経済自体の推移を見ることによって為替レートの推移の先読みができると言う結論です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.21belowfilm.net All Rights Reserved.