自分自身へは

自動車損害保険には自賠責保険または任意保険に代表されるふたつのタイプがございます。

任意保険、自賠責保険の双方ともに、いざという時の事故など備えたものですが、中身は若干違います。

ふたつの保険を比べると補償の対象となることが多少一様とはいえません。

※相手については、任意保険、自賠責保険を用いて補償されようになっています。

※自分へは、『任意保険』で補償されるようになっています。

※自己が所有する財産に対しては、<任意保険>のみによって補償できます。

自賠責保険それだけでは自分自身の傷害もしくは車両への補償などのサポートは受けることができません。

続いて相手への補償などですが自賠責保険ならば死亡時上限3000万円・後遺障害時最高四千万円などというように定められています。

ただし賠償額が前述した額を超えることはよくあることです。

加えて相手方の所有する愛車あるいは家屋を毀損した場合に関しては加害した人によるまったくの自己負担になってしまいます。

そのためにも任意保険という別の種類の保険が必要になるのです。

害を被った人に対する救済を主眼としている任意保険ですがそれとは一線を画す機能があります。

※相手へは、死亡時ないしは傷害の他にも、自動車もしくは家屋というようなものを賠償するのです。

※自分自身へは、同伴者も対象として死亡時ないしは負傷を賠償してくれるのです。

※自分自身の財産へは、愛車を補償してくれるのです。

このように様々な面におけるサポートが充実しているのが任意保険最大の利点です。

保険の掛け金の支払いはどうしても必要となってしまうのはしょうがないですが事故を起こした時の相手方のためにも自分のためにも、愛車に憂いなく乗っていきたいのであれば任意保険に入っておくべきでしょう。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.21belowfilm.net All Rights Reserved.