自己破産の申請後の取り立てがガイドルールに抵触しているの

そもそも、一般人が破産を申請するまでは返済者本人に対しての電話使用の借金回収と、債務者当人の家への訪問での集金は法律無視というわけではないということなのです。76-11-116

さらに、破産申請の作業に進んだあと提出までに時間がかかった場合には強行な返済強要をやってくる危険が増加します。76-15-116

債権保有人側からすると残金の返金もせずにさらに破産といった公的な処理もなされないといった状態だと企業内で処理をやることができないからです。76-8-116

そして、債権者の過激なタイプは有資格者に連絡していないとわかったなら、かなり強硬な返済要求行為を繰り返す企業もいるようです。76-18-116

司法書士の人もしくは弁護士にアドバイスを求めたケースでは、個別の債権保有者は債務者に関しての直接取り立てをすることが不可能となります。76-7-116

要望を受諾した司法書士事務所あるいは弁護士の人は仕事を任されたと記載した文書を各取り立て企業に送付することとなり各取り立て屋がその手紙を開封した時点から返済者は取り立て企業による危険な返済要求から解き放たれることになります。76-3-116

ちなみに、取り立て屋が会社や親の自宅へ訪れての返済請求はガイドラインで禁じられています。76-2-116

貸金業の登録してある企業ならば職場や本籍地へ訪問しての収金は法に反しているのを気づいているので、法に反していると伝達してしまえば、そういった収金をやり続けることはないと言えます。76-14-116

破産の申請の後は本人に向けた取り立てを含めてすべての取り立ては許されなくなりますので、業者からの徴集行為が完全になしになるということです。76-1-116

しかしながら知りながら接してくる取り立て企業も存在しないとは思えません。76-4-116

金貸しとして登録してある企業ならば、自己破産の申請後の取り立てがガイドルールに抵触しているのを気づいているので、違法だと伝えてしまえば、返済請求を続行することはないと言えます。

しかし、闇金と呼ばれる登録していない業者については、強行な集金などによる被害が減らないのが現状です。

闇金が取り立て企業の中にいそうな際には弁護士事務所か司法書士の方などの専門屋に頼むようにした方がいいと考えます。

コンテンツ

Copyright © 1999 www.21belowfilm.net All Rights Reserved.